topimage

2017-04

花いちもんめ - 2017.04.23 Sun


あなたの名前は A子さん  ドイツで暮らす一人暮らしの 日本人のおばあさんです


残念ながら 寿命が来て あなたはドイツの自宅で 一人で亡くなりました


子供もいません    親戚は とても遠い町に暮らしています


亡くなってから はや5年  、今 あなたは幽霊となって


いつものように 緑いっぱいの庭をながめながら、 リビングのソファーに 座っています



と、突然 知らないドイツ人の男性 二人が家に入ってきました


しばらく雑談していたかと思うと、 いきなり あなたの洋服ダンスを開け、次々と 高価な着物やドレスを ごみ袋に 投げ入れて

いくではありませんか!



やめて! わたしのモノをさわらないで! と 幽霊のあなたが 立ちふさがりますが なすすべありません


愛するドイツ人夫が クリスマスに プレゼントしてくれた思い出の品も 次々に ごみ袋へ 投げ入れられます


フランスから買ってきた 金色のふちどりの 洒落た ティーセットも

思い出の写真も。。。




その男たちは 市役所の職員なのです  今日の目的は


相続人不在で 市に没収される家を  空にすること


胸のつぶれる思いでそれを ながめるあなた。 



ああ、なんとくやしい! 惜しい。  



花いちもんめの歌のようだわ。







がばっっ   と起きると、 あっなんだ夢か。。。   ぜー  ぜー。。。。    


いかん!  こういうことが 自分の身に将来 本当に起きるのだ。



わたくし 歌手なので 5枚ほど 素敵なロングドレスを持っているんです

中には 思い出の品の ピンクのサテンドレスも。。  どれもこれも、タンスにしまいっぱなし。


でも、この夢を見てから、考えがかわりました

そんなわけで  昨日から  思い出のドレスを 整理して  何枚か カリタスに 寄付することにして、

思い出のピンクドレスは 夏のワンピースに リメイクしました。  下手な裁縫だけど。。


豪華な 赤のバラのロングドレスは、柄の良い所だけを残して、派手めの カクテルドレスに リメイクしました。

これなら気軽に 登場回数がもっと増えるかも



アクセサリーも  髪飾りも  いっっぱい持ってるので、この現実味あふれる夢を 見た今となっては

思い切って ほとんど処分することにしました。


捨てられてくやしい 思い出の品は、 生きてる今のうちに、自分で処理するべし!  


にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

金色のカニ - 2017.04.21 Fri

IMG_8458_s.jpg

遺品整理が 始まったんです

捨ててしまう、カリタスに寄付する前に、 高価なものは できるだけ家族、親戚で分けよう

というわけで


ブッパータールから 持ち帰った小さな 段ボール箱には  ママのアクセサリー が沢山。


ざーっと全部 目を通してみると、真珠の良いネックレスがあった

金の時計は 3つあったけど、ステンレス製で 本物の金ではない

金のネックレスも同じく 後ろに24kなどの 刻印が見当たらないので ステンレス系と思われる。


昔 ニュージーランドの彼のお父さん(医者)の 遺品ネックレスを修理してさしあげる機会があったけれど 、

なんと お医者さんにもかかわらず、その立派な金のネックレスは  メッキであることが 

百貨店の 貴金属コーナーで 技師さんが 言いにくそうな表情で

おっしゃった時は  びっくりしたことを思い出した

。。。。。本物の金のアクセサリーなんて そうそう持ってないものなのね。。。




ふと、 金色の ロブスターのペンダントが出てきた



。。。。。。ロブスター?    ざりがに?



。。。。。シドニーのシーフードショップのお土産かなあ? そんな遠くまで 海外旅行するような人じゃなかったけどなあ?



ドイツ夫が、それは 彼女の星座、かに座 という意味だよ、といった



ああ!そうなんだ。。。 わたくしの予想では 多分これが 彼女の一番お気に入りだったはず。


いかん! そんな思い入れのあるものは なんとしても

ママの妹、ヘルガおばさんに もらってもらわないと!と その小箱を さっと別に取り分けた。



にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

女の最後 - 2017.04.16 Sun


おかげさまで 2日前に ママは 旅立ちました 83歳 大往生 老衰による自然死でした

今日の記事は お食事前後の方は 読まないで下さい

怖い話が苦手なアナタも  読まないことをお勧めします


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さあ 今から寝ようか、おやすみなさい。と 挨拶した夜の23時  クラウス兄から 母死亡の電話

春のケルンは とかく冷え込んで、冬のコートを つかんで車に乗り込み、夜の高速を ブッパータールのホームへ走る

24時に 到着すると 夜勤のヘルパーさんが ご愁傷様です と言葉をかけてくる

わざと明かりを落とした部屋に入ると 少し便臭がする。

冷たくなったママは 別人のようだった。 口が閉まらなくて カッと開き おどろいた表情 

パパの時は 20時に亡くなって わずか3時間後の23時には 遺体は葬儀屋が 運んでいってしまった


ドイツ夫 クラウス兄 わたくし、全員 ショックで 静まりかえった

寒々しい薄いパジャマを着た状態だったので 彼女が好きだった ピンクのセーターを 手の上に置いた


口が閉まらない

ネットで検索すると 同じ質問を 遺族の方が探しているようだった。

頭の位置を変える事と 口の中、えら下部分に綿を詰めると 自然に閉まるようだったが、やる勇気がなかった

今は イースター祝日で 葬儀屋がなかなか つかまらず ママの遺体は 翌日まで 持ち越しとなった。


えーっと すみません 今ブログの途中なんですが 部屋の隅にある ビニール袋が パチパチ音がして うるさいんですが。。。


そのまま 近くのクラウス兄のマンションで仮眠していると

明け方 4時5分前、眠れずソファーに 座っていると 突然 ゴルフボールぐらいの白い光が 部屋の右上を 上下ジグザグに飛んだ。

と、その直後  椅子の背もたれに 透けて見えるブロンドの巻き毛 が5秒ほど見えた


早く 朝が来てほしい、と思いながら もんもんと過ごした

翌日 

部屋に行くと 遺体はそのままで さらに便臭は強く、 さらに表情は 厳しいものになっていた

パパは 平日に亡くなったので 葬儀屋さんや 牧師さんが 口の開きを あごの下に つっかえ棒を入れて 閉じてくれたし
亡くなって3時間で 運びにきてくれたので 便臭も ほぼなかった

そういえば 日本のばあちゃんが 亡くなったときは お腹にドライアイスを 葬儀屋が巻き込んでいた
今 思えば あれは 便が でてこないように お腹で凍らせていたのね


今日は 運びに来る。 何を! 何をしてあげたらいい?

女の最後は  何が のぞみ?  きれいである事よ!

持ってきたクシで 髪をとかしてあげ、 ファンデーションと リップも持ってきていたけど、お化粧が好きではない人だったことを思い出し やめておいた

彼女が 好きなこと。。。。。何だろう。。。。最後に。。。。


そうだ! 彼女は 洋服に すごく こだわる人だ 

たとえ 息子たちの服は ほったらかしでも 自分の洋服は 念入りに手洗いして アイロンをきっちりかける人。

一番好きな服、それは ピンクのセーターと  お気に入りの 黒白ダイヤ模様のコート!


そう思いついたわたくしは 病室のタンスから 例のコートを 取り出し ママの遺体に 覆いかけた。


ドイツ夫も クラウス兄も 不要だ、と言い張ったが、

あんたたち男は わからないのよ   女がどんなに 洋服にこだわるかを!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
遺体を 見ながら  これは 50年後の自分の姿なのだ。と思った

昨日から 実をいうと 叫んでいるような死に顔が 怖くてたまらなかった。ずっと頭から離れない。実は今も。

そう思う一方、もう一人の自分が言う

「いけず言うもんやない、誰だって死ぬとき にっこり微笑んでなんて死ねない 

背の高い でっかい顔のあんたが 90のばあさんで くわっと

目むいてる死に顔見て  孫ちゃんが いやー 怖いー ゆうたら どんだけ恥ずかしく情けない?ましてや

見た目を気にする女性やで  そこの所は 気持ちを汲んで、できるだけ目をつぶって、これはただのぬけがらや。

本当の姿は 生前の元気な姿を 思い浮かべてあげないと   」




貴重品だけ取り出して、再びクラウス兄のマンションへ戻る

玄関で 靴を脱いでいると、体の右側から スーッと 風が通って 『あなたをとてもかわいく思っている』というメッセージが

頭に浮かんだ。

。。。。。。。。。。。。。。。 なんで今このタイミングで?。。 こんな不良娘、もったいないメッセージやなあ。と思いながら バタバタとリビングに入り

親戚に次々と 電話でエディ死亡の電話をかけた


まあ。。。。!と 心底 声を詰まらせる人

さっさと電話を切り上げたがる人

冷静な人

、山の集落で 人付き合いが少なかった生活だから あっという間に終わってしまった

恥ずかしながら、わたくしだって 友人は そう多くはない

。。。。自分のお葬式 いっぱい人が来てほしい、そう思うけど、現実はそうはいかなさそうやなあ




子供のおらん自分の死ぬ時は。。。ドイツか日本で一人孤独死やなあ

死ぬ時の準備は

便臭が 恥ずかしいから 紙おむつに ファブリーズ吹いておいて、

空気清浄器を24時間つけっぱなしにしておこう

口が がばっと開いてるのいややから  寝るとき バンドを 頭とあごに くくっとこう

ホームヘルパーさんに 見つけてもらえるよう、指定の葬儀屋の連絡先を 壁に大きくはっておこう

一番好きな服を 枕元に置いて これを着せてもらえるよう 生前から 葬儀屋に言っておこう

お墓は生前に 購入しておかなくっちゃ。。

変なうつりの写真を葬式に使われたら 女として嫌だから、修正しまくった若作りの 遺影を生前に作っておこう

高い着物。。。これは 勝手に処分されるのは くやしいから、日本人会に 寄付できるよう、葬儀屋に頼んでおこう


意外に大変なのが 一日でも早く  家具を始末し、退室しなければならない(一か月50万の ママのホーム)
こればっかりは 子供のいないわたくしは 生前に 自分で地元の 家具処理業者を 見つけておかなアカンということが 今回わかった




車の中で 兄と夫に  日本の死生観 49日の話をした

『。。。そやからね 5月おわりぐらいまでは ママの霊は 我々のそばに ぴったりおるか、親戚まわりしてるから

食事の時は ママの分も  温かいお茶を コップに半分でいいから 入れてあげてほしいねん』

また アジア人嫁が おかしなことを言ってると 思われているだろうけど

子供のころ、天神橋時代 母がいつも 炊き立てごはんが 出来上がると、金属の小さいおわんに

一番ごはんのおいしい所を 盛って、仏壇に お供えしていたのを 覚えている。
 


今は 火曜日までイースターで 連休なので 火曜日から 葬儀の 牧師さんを探さないといけない予定です

読んでくださってありがとうございました


にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村








ぎりぎりの水 - 2017.04.11 Tue

IMG_7859_s.jpg

日本から帰って まだ日がたたないというのに

朝 10時 ドイツ夫が 会社から  慌てて帰ってきたんです

ママが危篤だという


泊りになるかもしれないから、と 荷物をつめる夫

あっという間に ブッパータールの 老人ホームへと 車を出した


わたくしも 遅れて出発する


ホームにつくと、顔色良く、眠っているママ

あら、大丈夫だわ、と 直感で思った


なんでも 朝から 激しく 苦しい症状を 短時間で繰り返しているらしい


午前中、ホームの すべてのヘルパーさんが 様子を見に来てくれたらしい



ベットサイドでは クラウス兄が ずっとずっとママの手を握っている


。。。。。。と。。。。



ううーー あああーー と 夢遊病状態のママ 一点を 見つめたまま 手も足も  バタバタと やめてやめてー、というように

盛んに動かす   布団は 蹴り飛ばし、両手は ベッドのへりに 何度もぶつけ、出血の跡が いくつもある



みんなで ママ! ママ! みんなここにいるよ!  と 大きな声で 呼んでも  まるで 別人のような表情で うめく

クラウスが 水を飲まそうと 何度も試すが

嫌がって 手を はたき上げるので  全然水分が取れていない。。。。明らかな意識障害


そうこうして 何時間もたっているので  点滴は?と 思うけど


こんだけ 暴れて動くから 点滴の針は 無理。危険。



眠る  -   起きて 錯乱  -  眠る  を15分から 30分 おきに繰り返していると

一回だけ、意識が戻った。

ママ、みんないるよ!  という声に 両目が 開いて、 うん、うん、と うなずいた。 

顔も いつものママの顔だ。



今日感じた、歳ゆく親の ありがた度の閾値
   全ての項目が、順番に、否定 形に、なっていっちゃいますよね。。。   

早朝に突撃電話を かけてこないでいてくれる

階段から落ちないでくれる

一人で歩いてくれる

目が見える

一人でトイレに行ってくれる

食べてくれる 

水を飲んでくれる

意識がある

目が開く

息をしている、温かい




わたくしも 通る道なんだわー  こんな風に 子供に 見守ってなんてもらえない。
子供を作っておけばよかったと 今 後悔する45歳。


IMG_4745_s.jpg

テーブルには 日中は 1時間おき、夜は 3-5時間おきに 体位変換してくれている 記録ノ-トがありました

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村



すべてはサンバのせい - 2017.04.04 Tue

こんにちは! コンタクトレンズを 新調しました みつです

薄! つかみずらい!でも長時間でも楽!

IMG_4410FT_s[1]


バタバタの 短期日本滞在から 帰ってきました

ご挨拶しそこねた友人の 皆様 ごめんね-(*ノェノ)


。。。。。あのー。。。 実は 去年の10月から、サンバに 入ったんですけどね。。


ドイツのサンバチーム、ひとっりもダンサーおらんのよ

え?(゚д゚)


ダンサー。。。おらんて。。。 そりゃ、マーチングバンドやん!


露出衣装に抵抗が あって、やらへんみたい


そんなら。。。バストも小さいけど。。。  やりましょか?って聞いたんよ 団長に。


ほいたら。。。。


いけずのミヒャエラ っちゅー女が、

『あんた ブラジル人ちゃうやん!。ダンサーやりたいなんて おかしいわ!』

ぐぐ。。。。

『立派な衣装だって もってないくせに』

むむ。。。 子供か?このレベル

『それに ダンサーなんて、普通 5,6人で 踊るもんでしょ? あんた一人が踊るなんて 変だわ』

そこまでゆーか。(`o´)

。。。。。。。。。やっぱダメか。東洋人やしね。 音楽監督のトーマスに 視線を投げると、顔を 横に振って、無視しろ、というジェスチャーをした。







その日から しばらく わたくしの頭の中を ミヒャエラの 言葉が ぐるぐると回り続けた





ブラジル人じゃないくせに!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



これを 展開すると、


サンバは ブラジル人でなければ!

え?


カレーは インド人シェフでなければ!

紅茶は イギリス人でなければ!

ピザはイタリア人でなければ!


。。。。。えーっと



寿司は 日本人でなければ!


。。。。。。。



ドイツに住んで10年、  ドイツ民謡ばかりを学んできた。



オレは 一度も 日本の伝統音楽を 考えたこともない




え。。。でも。。。今さら。。。。 両方なんて ちょっと。。。。ええ歳した おばさんが やるような事では。。。 





で、ずーっと考えたあげく


なんと。。。。


この短期 帰国中、サンバと 日本伝統音楽の 両方 だーーーっと 見てきたんです


無理を 聞いてくださった先生方 す、すみませーーーん ありがとうございます




どちらも どうなるか さっぱり未知数。


もう ほんっとに今回は 時間が足りなかった。


にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

す、すいません - 2017.03.27 Mon

すいませーん 遊びにきてくださってる方

生きてます

激多忙です

ネタが たまっております

もうすぐ再開しますね

ft1678_s_2017032715053921a.jpg


マンガ はんこ - 2017.03.10 Fri

2016-7.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

優しきゲイ男 - 2017.02.27 Mon

大物時代劇俳優現る。。。


以前 自宅で シルバーダンスパーティー 第一段を企画しまして。。。

IMG_0744[1]

遠くから お客様が 来て下さいました


背の高いおじいさん、左端キラン、そのとなりのジョセフィーヌ、 トーマスじいちゃん


IMG_0752[1]


キランさんに コートを預かろうと 「ミスター」、と お声掛けすると、

その 時代劇俳優の様な お顔のキランさん、 「わたし、女性よ。」 とおっしゃり、







えーーーーーっと。。。。。。 しばらく考えた後、 キランさん、うっすら口紅も 塗ってらっしゃる事に気づき、

「あ、(´∀`*;)ゞ ああ、そうですか」 と。。



初めての シルバーダンス、お三方だけだったけど、 問い合わせの電話は あと何本か頂いていて、


異口同音に 社交ダンスホールつきの 大型レストランなら、参加したい、との事。







。。。。ごめんねー お金いただく気ないから ホームパーティー式でござんす。(〃▽〃)








おどる踊る、キラン、ジョセフィーヌペアが セミプロの社交ダンスペアだそうで、 素敵なステップを 披露してくれた。


あっっちなみに 当日は 50年代の洋楽ディスコソングを買って ご用意しました


ユーロビート "ビーナス"の歌にあわせて


うーん キランさんと くねくね、下田カゲキさんの 感じで ワタクシも おどるおどる


くねくね キランさん


くねくね ワタクシ



かかしのポーズで 部屋を ななめに サササーーと すり足で 移動しまくるキランさん。 流し目が妖しい。


あっはっはっは 楽しいなー







親切なジョセフィーヌが、 この企画を褒めて下さり、 「ね!今から 楽しい所へ行くの! あなたも来ない?」

とおっしゃって下さり、トーマスじいちゃん共々 車に乗り込んだ




やってきたのは 安くて美味しいベトナム料理の店 どれも美味しかった!
IMG_0754[1]


さて 次に 危なっかしい運転で キランさんが 連れてきてくれたのは ケルンの社交ダンス学校

ひろーーーーい! キラキラだーーー!

IMG_0755[1]


レッスンが始まり、ベレー帽をかぶった いかにも水商売風の 先生が 1,2,3、と手拍子をとる

IMG_0757[1]


地下一階は 満員のタンゴ専門フロア。 30-40代の 若い夫婦で 一杯だった。


やっぱりケルンは 大都会だな- こんなに人が集まるなんて。。


うちの村のダンススクールなんて、 人がまばらだというのに。。




IMG_0760[1]



いそげや急げ! うちの村行きの 最終バスは 21時なり!

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

アンティークレコード同好会ドイツ版 - 2017.02.16 Thu

知人ご夫婦は ハンブルグから 引越してこられたんやけど。。。

アンティークレコードを収集するのが ご趣味だそうで。。。
IMG_0244[1]


この日は 収集家仲間が集結

IMG_0248[1]


一日かけて 色々な曲を みんなで聞いて楽しむ為、午後の御茶と 軽い軽食も用意されておったのですじゃ

IMG_0242[1]


ここは 我が家と目と鼻の先 、たまたまご近所やったんです

IMG_0243[1]


ガガー という雑音と 共に 古く懐かしいメロディー が。 日本の 戦後のメロディーと 似ている。リンゴの唄 みたいなカンジです

非常に 割れやすいそうです

IMG_0245[1]

こちらの美男美女の ご夫婦、なんと! 20年代-50年代の ファッションコレクターさんだそうです
ヘアスタイルも 当時を再現、 同じお仲間と 地元のイベントで 歴史文化イベントをこの衣装でされるそうです

年代別の 男女各 軍服もあるそうです! ひやーb(’0’)d

IMG_0249[1]


にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

おひなさまとドイツ人 - 2017.02.13 Mon

お久しぶりです  インフルエンザで死んでました

いやー 今年のインフル、強烈でござった。

みなさんも お気をつけて!

7_20170213222710a22.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

すみれの花の咲くころ。。ドイツの墓 - 2017.02.04 Sat


大変だ みつ! ビッグニュースだ!

そうカールハインツから 連絡があったのは お正月の事でした

ほら、お前が 言ってた 日本の歌 すみれの花さく頃 の 作曲者 フランツ デーレ、 あの墓、うちの村にあるぞ!





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。?


ええええええええ!!!!!!


ドイツのどこかにあるとは 思ってましたが、よりによって、ウチみたいに へんぴな村にですか!!!?


キャ─Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)ノノ─ァァァッ!!!




そんなワケで 晴れた日に お墓探しに行ってきました




ハッキリとした番号が不明なので 霊園内を 探し回り、、、、、見つけました!




IMG_1134[1]


戦後の日本で 華やかな歌劇を通じ 多くの少女達に 夢と希望を与えてくれた歌

すみれの花さくころ
IMG_1131[1]


お墓のデーレさんに 日本にあなたの曲が 伝わっている事、戦後の日本で 華やかな歌劇を通じ 多くの少女達に 夢と希望を与えてくれた歌となった事など ご報告し、

最後に 日本語とドイツ語で 歌を捧げました


IMG_1135[1]



にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

カールハインツ宅で - 2017.01.26 Thu

1月は カール会長宅に 遊びに行って来ました

IMG_1033[1]



ご自慢のコレクション  ドイツ東部の 鉱山の職人さんが 閑期に作るらしいエンゲル
一個 3000円するそうな

毎年1個づつ 買い足してここまで 増やしたらしい

IMG_1027[1]

全部 手作り 一点もの
背中の羽根の点が11個で 11エンゲルシリーズ とか言う名前だったと思う

IMG_1028[1]


IMG_1031[1]

手回しオルゴール

IMG_1029[1]

もちろん チターも!

IMG_1030[1]


これは まわるタイプ  プレゼントの ひとつひとつが かわいく作られています

IMG_1044[1]

ほーほっっほ  これが何か わかるか?とカール
IMG_1034[1]

なんと! 煙人形の中に 置く お香です

初めて 見たので おおー、でした。
IMG_1033[1]

奥さんのイングリットと においに過敏なので  もうーあなたったら けむくて仕方ないわ 窓をあけて頂戴!と
手をぱたぱた振っていいました

IMG_1037[1]


IMG_1036[1]


これはケルンならではの お宝
IMG_1038[1]


変身キティちゃん、のように 昔の有名政治家 コンラードアデナウアーを 農夫、パン屋など さまざまな職業の人物に変身させたお人形  これは めったにないお宝。


IMG_1040[1]


人形集めが好きなドイツ人 高齢者。

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

マンガ こんな所にxx人 - 2017.01.23 Mon

2016-6.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

ドイツ人 主張と調和 - 2017.01.20 Fri


ドイツで生活していると

いろいろなシーンで 出くわす 例のアレ


ft167_s_20161223001219925.jpg


どの会にも 一人か二人 文句の多いおばさんが いて、

じゅうばこの隅を つつくような 細かい うるさーい事を 言い、いつまでも会議が終わらない。

『わたしは そんなの 気にいらないわ!』 と周りの目も 気にせず たった一人が でっかい声で言う

すると、 どうでもいい、と思ってる大部分の 穏健派が 仕方なくそれに合わせる。



日本人から見て、ケチをつける、文句を言う、というその行動が

ドイツでは 権利として 手厚く保護されており、

それをやる事が、 知的な大人の女性の ステイタスだと思ってるように見えて仕方ない。(頭が良いので、問題点を指摘してるだけだ、という見方)

だが あんまりうるさい時は  司会のドイツ人も 閉口しているし、

『あなたのやってる事は もはや 問題指摘ではなく 調和の崩壊だ 』と 言いたくなる。


まあ 有名なドイツ人のことわざに 『窓を見張る者 』というのがあり、他人の家の チャイムを鳴らして

窓がきれいに 掃除できてない、と 注意するような国民性だしね。


ただ、 ドイツ夫が 日本に 来た時、 自転車のマナーの悪い者にも 注意しようとするので、

ダメダメダメ-!  ここは 日本、うっかり変なのに 注意すると 何されるかわからないよ!

触らぬ神に祟りなし、と 説明するにも なんだか カルチャーショックを 覚えるのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

犬と火事 - 2017.01.17 Tue

先週 、火事が 近所の知人宅であったんです
 
留守番は ジャーマンシェパード わんこ一匹

キッチンからの火災、

なんで火事になったのか 原因不明

消防は おそらく 犬の首輪が ガスコンロに ひっかかったのでは?

というものですが、 無理やり感が 否めない。

哀れわんこは  煙によるダメージで  ぐったりしているところを ドアを割って侵入した 消防隊に助け出され

酸素マスクを 吸入したそうな。

この知人、いいかげんな仕事をする 教会ピアニストで  いろんな人から 不満に 思われている。


ドアの閉まった部屋で、どんどん煙が充満して ワンコ、どれだけ怖かったことだろう

あれから1週間 まだ そいつとワンコの 散歩姿を 見かけない。

ワンコの健康回復を 願ってやみません

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

2017我が家カレンダー - 2017.01.13 Fri


ママの先月のクリスマスプレゼントは  マイカレンダーでした

IMG_0441_s.jpg


1月は 長男と
IMG_0442_s.jpg


2月は かわいい赤リス(実物は 結構でかい)
IMG_0443_s.jpg


4月のイースターエッグは  日本ファンのドイツ人ご夫婦作の 和柄イースターエッグ
IMG_0444_s.jpg


6月は みずみずしいバラ
IMG_0445_s.jpg


7月は 彼女の好きな 濃いピンクのセーター
IMG_0446_s.jpg


8月は 旅先での1シーン  オランダかベルギーだったと思う
IMG_0447_s.jpg


9月は 去年の秋まつりでのショット
IMG_0448_s.jpg

11月は 去年の ルディ先生 騎士の砦での コンサート会場にあった アート作品で
IMG_0449_s.jpg



〆は なぜか ドイツ夫の 趣味で 大阪城。
IMG_0450_s.jpg


ドイツ夫、日本ラブ!

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

先月のクリスマスは。。 - 2017.01.10 Tue

先月のクリスマスは 2016年にクラウス兄が 引っ越しした新居マンションで お祝いしたんです

IMG_1102_s.jpg


お惣菜屋さんで 注文した 豚肉パイ包みが 焼けてますぞ
IMG_1101_s.jpg


クリスマスー 今年も よく働いてくれました
IMG_1103_s.jpg


キッチンも 買ったばかりの新品!
IMG_1099_s.jpg

男性らしく ダークトーンでまとめてあります
IMG_1097_s.jpg

集落から抜け出せたので  、バーや ライブハウスなど ナイトライフが 楽しめるようになった兄。 。といっても小さな村ですが
IMG_1098_s.jpg

老人ホームから ママを 迎えにいってきました
IMG_1096_s.jpg

若かりしころのママ
IMG_1111_s.jpg


子供時代 夫と兄
IMG_1116_s.jpg

笑顔が 面影のある夫
IMG_1126_s.jpg

ハインツの おばあちゃん ドイツ夫の目元は この人から遺伝ですな
IMG_1120_s.jpg

ドイツ夫 小学生 なんと! ブロンドだ-
IMG_1122_s.jpg

ちびクラウス  かわいい
IMG_1117_s.jpg

いかん! 私の日本で育った昭和のアルバム、忘れてた

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

アライグマ男の逆襲 - 2017.01.05 Thu

あのー。。。2016年の フベルトに続き、 二人目のストーカー、登場です

今週は この愚か者のせいで げんなり。
ft131234567_s.jpg


ヨハネ教会でのコンサートの打ち上げで 話しかけてきた マルセロは

おとなしそうなアライグマのおじさん といった印象

ピアノが趣味で バッハや シューベルトを弾くという。

何!バッハに シューベルト! 

わたしは 今 音楽の仕事が増えて、演奏家を探してるんだが、一度 聞かせてくれないかと聞くと、

失業中で ピアノがない、とのこと

それなら、と その場で わたくしのキーボードを 弾いてもらってみたのですが

アベマリアの 最初のイントロの、そのあとが続かない。

楽譜が今ないから。。練習もしてないし。。ピアノもない、というので

練習用に1か月 わたくしの キーボードを貸出ました



さて1か月後、 再面接し、弾いてもらったところ やはり、まるでダメでした  5歳なみ。というか、

たばこが充満して目にしみるほどの部屋で パジャマで対応するのは どうかしている。

やはり 無理のようですね、と話し合っている際、


わたくしのキーボードを大変気に入り、楽しく弾いてるので 延長貸しを希望とのこと   まあ オッケーしました


その間、マルセロから 時々 恋愛感情めいたメールがくるようになりました   二人きりで会いたい、君のことを考えてるなど。


これはいかん、と 年内に 関係を終了したく、ピアノを返却させるべく 連絡すると



12月22日まで 待ってほしい→ 当日メッセージ ごめん、1月2まで延長して



1月2日 →当日 メッセージ 今日は都合が悪く 日程を変えて 4日にして



1月4日 →当日 
       待ち合わせ時刻に 用心棒の ドイツ夫と 防犯ブザーも 配備して 万全の体勢でマンション前に到着すると
        メッセージ  兄が 遠い町で入院したので 5日にできないか  二人きりで会いたい ねえ 怒ってる?

ドイツ夫とともに ほらみろ やっぱりー と 車のなかで落胆

(♯`∧´)

。。。。。クラスのかっこいい男子に 迷惑片思いする中学生女子か!


頭から湯気をたてて おこるわたくし

ええ 、わかってますよ 40年も長く生きてますと こんな迷惑片思いは 何度もあります

ピアノ返せば わたくしとご縁がなくなるから  嘘を ついてるんでしょ 




落ち着けみつ、 落ち着くのだ!   なんだよー 去年の フベルトで 手を焼いたばっかりなのに。。。


怒りすぎて 食欲もない。   


わたくしの人生 いつも 嫌なことが起きると いいことが起きる 

次に起こる いいことを 楽しみにしようではないか


4万円のキーボードは 惜しいが  返却で対面して 危害を 加えられると4万どころで済まん。 





きのう メールを書きました


マルセロ ホフマンへ

ピアノは あげます 返却不要  だから 二度と連絡しないでください

メールも電話も終了します

ピアニストはもう 新しい人が見つかりました  目的は終わりました

結婚しており 夫を愛してますので ほかの男性は不要  二人きりで会いません 

以上 





ほいたら。。。今 メールきましてん



親愛なるみつへ

ありがとう ! ピアノを もらえるなんて うれしくて どうやってお礼を言ったらいいのか

その ご好意に 言葉を失ったほどだよ」

感激して涙を流したよ

必要なら いつでもピアノは 返却するからね

感謝します

音楽家どうしとして 音楽の話をすべく 

二人きりで会いたいんだけど?






その思考回路に 言葉を失うほどですわ!

至急メール拒否設定しました

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

ケルン新春小人のマーケット - 2017.01.04 Wed

ええと。。。 1月8日まで  ケルン ホイマルクトで かわいい 期間限定の 小人のマーケットやってます

小さい規模ですが アイススケートリンクもあり、メルヘンちっくで かなりおすすめ。

在独で 興味ある方は 急いで 行っちゃってくださーい!

IMG_1191_s.jpg

夜は 激混みです  昼間がおすすめ
IMG_1197_s.jpg


あっ! ケルンビール持ってる
IMG_1195_s.jpg

こらこら
IMG_1189_s.jpg

ここケルンには 小人の伝説がありまして 

昔 ケルンでは 小人が 夜、人間に代わって 働いておりました

ある乙女が その様子を 見てしまったため、 小人は去り、その日から 人間は働かなければならなくなりました
IMG_1185_s.jpg


午前中 オープン直後
IMG_1168_s.jpg

スケートリンク 上空には 小人がロープウェーを 楽しんでいます
IMG_1171_s.jpg

アルペン風 山小屋 ドリンクが 楽しめます

毎年 ルディ先生 ここで チター演奏されています

IMG_1172_s.jpg


IMG_1176_s.jpg

IMG_1182_s.jpg

前回 夫が 夜 同僚と 来た時、 この山小屋の壁に 描かれている楽しい小人の絵、、

人がたくさんその前に立ってた為、、全然 見えなかったそうです  今日は ばっちり撮影できました

IMG_1179_s.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

お正月 庭仕事 - 2017.01.04 Wed

雪がうっすらとちらつく 新春のケルン、マイナス3度でございます 

皆様 日本のお正月、楽しまれておられますか? 嗚呼 福袋を買いに行きたい! 

今日から 糸ふみ子さんによる 素敵な新春の タイトルイラストになりました  とてもかわいいですね


東京の紳士から 大変立派な 年賀状が ドイツの我が家に 届きました
筆書きの丁寧な お手紙が 添えられて。
嗚呼 ジャパン風情で 感激。
IMG_1162_s.jpg



12月は 28-大晦日と 町にイベントも少なく、かねてよりやりたかった 庭の 片付けを

IMG_1153_s.jpg


ドイツでみんなが手こずる 野イバラを ちょっきんちょっきん 触るのが 危ないんです いでで
黒すぐりも 似たかんじの とげとげロングいばらですが、 甘い実をつけるのでオッケー

IMG_1154_s.jpg



1年間放置していた  芝刈の 山積み場所、下半分は 土に還っていましたが 上はまだまだ 草のまま
とにかく
どんどん増えていく この山を 片づけたい!

IMG_1156_s.jpg



洗面器に 汲みだして、約5キロほどの重さで  庭隅の 空きスペースまで 30往復の40代のわたくし。

当日 ぎっくりごし → 翌日 また ぎっくり腰 → 3日後 夜 寝返りを打って 2度ぎっくり腰  ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

。。。。。。。。。。。。。。。

予算があったら整体院に 6回ぐらい背骨基礎改善に 駆け込みたいですわ-!



IMG_1157_s.jpg


なんと 恐ろしいことに、 昨年 刈り取った アジサイの  茎から  新しい太い根っこが生えて、この 芝山の中に

根を広げていたんです  ひい-  もみじで 苦戦したことが思い出される

そこで登場 必殺 極太根切り これで うまくいきました

IMG_1158_s.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

プロフィール

みつ ふぉん ぞねんはんぐ(陽だまりのミツ)

Author:みつ ふぉん ぞねんはんぐ(陽だまりのミツ)
名前 みつ フォン ぞねんはんぐ
性別 おばさん
年齢 43才
住所 ドイツ と神戸
ようこそ このブログヘ! パソコンの前のアナタ、私を見つけるとは 、お目が高い。。。
ドイツで 民族楽器チターと共にアマチュア歌手をやってますぞ!
人様からは おもしろい人と言われるかな?
せっかく来てくれたんですから、ドイツの素敵な風景を楽しんで行ってください

フリーエリア

カテゴリ

自己紹介 (7)
マンガ (20)
レストラン (19)
ルディ先生 (43)
美容 (24)
旅行 (39)
ドイツぼやき編 (50)
おもしろドイツ (10)
ドイツ夫 (22)
ケルン観光 2015 (2)
ドイツ料理 (12)
ドイツ菓子 (3)
ドイツ ジョーク 漫才 (5)
ドイツ民謡 (201)
グルメ (18)
ハンドメイド イベント ドイツ編 (3)
ロマンチックドイツ (71)
お祭り、イベント (46)
クリスマスマーケット (8)
買物 (13)
びっくりドイツ人 (6)
ケルン のカ-ニバル (11)
ドイツ生活 (319)
ミステリーの世界 (1)
未分類 (2)
ドイツ医療 (10)
これいいね! (21)
ドイツの童謡 (14)
ドイツワイン (6)
絵日記 (7)
ドイツ 教会音楽 (4)
糖尿病を学ぶ (6)
2014日本訪問 (15)
シリア難民キャンプ ドイツ編 (10)
その他 (18)
本日のドイツニュース (2)
ケルン観光が100倍楽しくなる情報 (7)
前世 (0)
ドイツのブラスバンド (4)
ドイツニュース (1)
ドイツと各国 スーパ- (4)
歌声喫茶 (12)
サンバ ドイツ (0)
ドイツの民族服 (0)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
582位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
146位
アクセスランキングを見る>>

fc2カウンタ

月別アーカイブ

フリーエリア

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム